高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|秘密の電停ロゴ
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|ただいま受付中
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|コンパニオン検索
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|待ち合わせマップ
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|カサマニア
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|イメージプレイマンガ
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|イメージプレイ・イメプレ・ストーリープレイ|シナリオ・台本集
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル風俗嬢グラビア
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル ラブホテル 待ち合わせマップ
 
広島,風俗デリヘル・オーナー書籍
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|携帯サイトQRコード
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|ポイント制のご案内
 
高松デリヘル,坂出デリヘル,丸亀デリヘル|フランチャイズ募集
 
当店は女の子の健康診断を定期的に実施しております。

秘密の電停®商標登録済
風俗デリヘルストーリープレイ・イメージプレイ・イメプレの楽しみ方
  • 受付時にストーリープレイの希望とお気に入りのストーリーをお知らせください。
  • お気に入りのストーリーを、プリントアウトしてお持ちください。(店のシナリオをアレンジしたり、自作のシナリオの持ち込みも可能となっております)
  • 自分の役柄をイメージして、待ち合わせ時間などに一人でリハーサルをしておくとスムースにストーリーに入っていけます。
  • コンパニオンにシナリオを渡し、大まかな流れを頭に入れてもらってください。
  • さあ、役柄になりきってシナリオに沿ってプレイ開始です。
 
風俗デリヘルストーリープレイ・イメージプレイ・イメプレのコツ
  • シナリオ通りに進行させることよりも、大きな流れの中でアレンジやアドリブを入れながら淫らなプレイに引き込むのコツです。
  • あなた自身が役になりきることでレディも同調でき、ノリの良いプレイとなります。ポイントはお客様がリードしながら、主導権を握って女性をストーリーに引き込んでいくことです。そのためにも恥ずかしがらない、少々間違えても照れない、素に戻らない、涼しい顔してプレイを続行する、などがコツと言えるでしょう。
※コンパニオンもストーリーを全て覚えているわけではありません。演技に至らぬところがありましてもどうかご容赦下さい。
 

 
風俗デリヘルストーリープレイ・イメージプレイ・イメプレシナリオ紹介・シナリオ集
No.1 保険セールスレディー×顧客課長   
1台の車がとある電停近くに停まる。そこに歩み寄るスーツを着た女性。凛と背筋は伸び、そこには何年もの間、キャリアウーマンとして過ごしてきた雰囲気が漂う。彼女は某保険会社のセールスレディー、今日は大口の顧客であるA社の課長に呼び出されたのだ。



女性「いつも、お世話になります。ご無沙汰しておりました」
車内に香る、ほのかな香水の甘いかおり。
課長「いやいや、突然の呼び出し悪いね」
女性「いいえ、課長にはいつもお世話になっていますから。それより今日はまた突然何ですか?」
課長「実は、まだ内々の話なんだが、この度の人事で部長職にという話が決まりそうなんだ」
女性「それは、おめでとうございます。」
課長「ただね・・・・・」
女性「何か問題でも?」
課長「うーん。。今回、私が部長職になるのと同時に、今付き合いのある業者も一度、再点検していこうという話もついてるんだ」
女性「そこで何か問題でも?」
課長「いや、そこで御社との関係も一度、考えなおす様にとのお達しがきてるんだよ」
女性「何か私どもが問題になる様な事をしておりますでしょうか?」
課長「そうじゃないんだが、今、保険商品はどこも似たりよったりで、独占的に君の会社だけが内の会社に出入りしているが問題なんだ」
女性「・・・けど困ります。私の今の成績の8割は御社のものですし。どの様にしたら良いのですか?」
課長「うーん まー方法が無いわけではないんだが・・」
女性「教えてください。何でも頑張らせて頂きたいので」
課長「何でも?」
女性「本当です。何でもします。」
課長「じゃあ、今ここで、下着を脱いでくれるかな?」
女性「・・・・・・・・・」
課長「じゃあ、今の話は無かった事にしよう。悪かったね」
女性「下ですか?・・・上ですか?」
課長「(フフフ)せっかくだから下を脱いでもらおうか」

パンティーを脱ぐ彼女。恥ずかしさから顔は紅潮している。彼女は車の中でパンティーを脱いだ。そして、うつむきながらパンティーを課長に手渡した。

課長「黒か・・なかなかセクシーだね」

そして彼女を横目で見ながらパンティを鼻に近づける課長。完全に正常な社会人としての二人の関係が崩れ去った

女性「・・・・」
課長「じゃあ・・・」(ガサッ)
突如、彼女の体を引き寄せ、唇を奪う。
女性「や・やめてください・・・」
課長「やめてもいいんだよ(笑)」
女性「あ・・・・あ・・・」

スカードをたぐり上げ、ノーパンになっている彼女のヴァギナに指を這わせる課長

課長「なんだ、いやなのに、濡れるんだ・・不思議だね」
女性「あっ・・・うっ・・・」
彼女の身体から力が抜け、課長の指に身体をぴくぴく反応してしまう。
課長「ここまで濡れると本物だね。かなりたまってたんだろ?」
女性「そ・・そんなことないで・・・す・・あん」
課長「あーあーシートにしみができてしまうなー」
女性「・・・・」
課長「静かな所に移動しようか・・移動の間、今度は俺のを気持ちよくしてくれるかな?」

エンジンをかけ、ハンドルを握る課長。そして、おもむろにズボンを脱ぐ。
課長の一物に顔を近づける彼女。
女性「やっぱり・・こんな車の中でなんてできません」
課長「ここまできて俺に恥をかかせる気が・・」
彼女の頭をつかみ、半ば強引にフェラチオをさせる課長
女性「っぐ・・ぐぐぐぐ」
課長「仕事は思いやりが大切だろ?もっと丁寧にぺろぺろするんだ」
観念したかの様にドライブフェラをする彼女。そしてフェラをすると同時に自身の膣から愛液がにじみ出る事がわかった。

課長「あー気持ちい。これじゃホテルに着く前にいっちゃいそうだよ。それにしても君がこんなにフェラがうまいとは思っていなかったよ」
そんな中、車はとあるホテルに到着する。

 
No.2 エロ痴女のヒッチハイク   
とある駅前に止めてある車。一人の美女がドライバーの男性を品定めするように見ながら近寄り、車の窓をノックする。男性は窓を開ける。



「どうしました?」
「すみません、○○ホテルに行きたいのですが道がわからなくて」
「今から私もそのホテルに行くところなので、よかったらどうぞ乗ってください」
「ありがとうございます、急いでいるので助かります」

女性を乗せて車が走り出す。突然話しかけられたのでついそのホテルに行くと咄嗟に嘘をついてしまったが、そこは明らかにラブホテル。怪しい妄想をしてしまうが、女性の真意が掴めない。

「ふう、ちょっと汗をかいたみたい、少し暑くないですか」

女性はブラウスのボタンを外して胸元を見せつけるようにパタパタと扇ぐ。男性が胸元をチラチラと覗き見していると、女性はさらに誘うようにスカートの裾を持ってパタパタと扇ぐので、パンツがちらついて見えてしまう。

「女の人はいいですね、暑い日でもスカートから風が入って」
「たしかに男の人は大変ですね」そう言うと女性は男性のひざからふとももを撫でるように触る。

「風通しが悪いからね」
「少し風通しをよくしてあげましょうか?」と男性を見ながら誘うように。

「どうやって風通しをよくするの?」
「こうやってするのよ・・・」

女性は男性のベルトを緩めチャックをおろす。
「どうですか?涼しくなったでしょ?」
さらに男性の下着の中に手を入れ、イチモツを引っ張り出してしまう。

「これでだいぶ風通しが良くなりましたね」
「ちょっと、やめてください。丸見えで恥ずかしいじゃないですか」
「そうですか?じゃあちょっと隠しますね・・」といってイチモツを手で包むように握る。
「あっ・・」
「ちょっと動かしてみますね」男性の反応を楽しむように上下にしごきだす。
「いいんですか・・・あ・・気持ちいい・・」

「ここ、すこし熱があるみたい、冷やしたほうがいいみたい」
「そ・・そうですか。でもどうやって?」
「私に任せて」と男性の耳元でささやく。
「はい、でもどうやって・・・」
「こうするの」

女性は亀頭を舌でペロペロと舐めまわす。
「どうする?もっと続けて欲しい?」
「あ・・っっ・・・はい・・」
「ん・・・ぬちゅ・・ちゅぱ・・」
「ああ・・でももうすぐホテルに着いちゃいますよ」
「じゃあ続きは部屋に入ってからのお楽しみ♪」

勃起もおさまらないまま二人はホテルへ・・・

(※女性からの待ち合せ確認電話の際に車のナンバーとご利用予定のホテル名をお伝え頂くとスムーズにストーリーが展開します。